育成

備考

ポケモンをより強く育てるには努力値・個体値が重要になります。

努力値とは?

ゲーム画面上には表示されませんが、ポケモンには努力値というものがあります。努力値は1体のポケモンにつき最大510(1つの能力値は256まで)まで上げられます。この努力値を上げるほど強いポケモンになります。

ただし、努力値は最大510までしか上げられません。能力値は6つ(HP・攻・防・特攻・特防・素)あるので、どれを上げるかは育てる人によって変わってきます。

例えば、特攻252・素252・HP6(残り)に振り分けると、素早さ・特殊攻撃の優れたポケモン、HP252・防252・素6(残り)に振り分けると、HP・防御に優れ耐久力のあるポケモンになります。ちなみに、残りに振り分けたのは気休めです。殆ど変わりません。

※努力値を最大まで上げた状態でカイナシティ市場にいるおねえさんに話しかけると、「がんばリボン」が貰えます。このリボンが貰えたら、努力値が最大まで上がった証拠です。

※努力値は画面上に表示されないので、自分でメモをとってください。

個体値とは?

これも努力値同様にゲーム画面上には表示されません。個体値は0~31まであり数値が高い程より強いポケモンになります。

※バトルフロンティア(ポケモンセンターの上の民家)のおじいさんに話しかけると、ポケモンの個体値などを教えてくれます。「バッチリパーフェクトじゃ!」と言われれば、その個体値がV(31)ということになります。

理想の個体値は?

メタグロスやケッキングのように物理アタッカーのポケモンを育てる場合は、特殊攻撃以外の個体値は全てV(5V)が理想です。
ですが、普通にプレイしてて高個体値(4V以上)をゲットするのはまず不可能です。高個体値を容易にゲットするにはエメループを学んでください。

努力値を早く増やす方法

ポケルス状態だと努力値の上がり方が2倍になります。さらにきょうせいギプスも持たせれば4倍になります。

実際に育成する方法

ここでは特攻・素に優れたタツベイを育ててみます。

(1)タツベイに「リゾチウム・インドメタシン」を各10個ずつ与えます。これで、特攻・素の努力値が100になります。

(2)タツベイをポケルス状態にし、「きょうせいギプス」を持たせます。これで努力値の上がり方が4倍になります。

(3)キャモメを38回、パッチールorマグマッグを38回倒します。38×4=152で、100+152=252となり、特攻・素早の努力値を最大まで上げました。

努力値

以下のポケモンを倒せば努力値が増えます。

【HP】・・・ゴニョニョ(+1)、マリル(+2)

【攻撃】・・・ポチエナ/カゲボウズ(+1)、グラエナ(+2)

【防御】・・・イシツブテ(+1)、ゴローン・コータス(+2)

【特攻】・・・パッチール/マグマッグ(+1)

【特防】・・・ハスボー/チルット(+1)、ハスブレロ(+2)

【素早さ】・・・ジグザグマ・キャモメ・ラクライ(+1)、マッスグマ・ライボルト(+2)


コメントを書く
(情報提供、雑談、議論等)

・コメント以外の入力は任意です。
・ネチケットを遵守していれば基本的に何を書き込んでもOKです。

前の記事

特性

次の記事

小ネタ・裏技・豆知識